NEWS

お知らせ

  • お知らせ

厚生労働省よりコロナウイルス罹患クルーズ船室洗浄業務を受託し、実施

停泊していたダイヤモンドプリンセス号

厚生労働省より受託を受け、2月14日・15日にダイヤモンドプリンセス号の殺菌・消毒作業を行いました。
簡単に経過をお伝えします。

・2月12日 厚生労働省より受託

・2月13日 クルーズ船運航会社、厚生労働省、コーナンの3者で作業対象客室や船内の状況などを打合せ。
→殺菌・消毒対象は陽性が確認された58室。作業方法は過酸化水素の空間噴霧による殺菌・消毒に決定。

・2月14日 ダイヤモンドプリンセス号の現場調査実施と殺菌・消毒作業を実施。

・2月15日 殺菌・消毒作業を実施。陽性58室すべての作業を完了。

・2月17日 クルーズ船の殺菌・消毒完了報告書を厚生労働省に提出し、完了。

2月25日・26日にはクルーズ船が停泊している大黒ふ頭内のキャンピングカーやプレハブ内でも新型コロナウイルス付着の恐れがあることから、同じく殺菌・消毒作業を行いました。

院内感染の防止を専門とし、7,000件以上の医療施設を担当した経験がこのような事態に少しでも貢献できて、光栄でした。
まだまだ収束の気配が見えない中、感染防止プログラムの重要性を痛感した次第です。